アーカイブ | 6月 2016

  • ペニソールは服用の年齢制限はある?

    ペニソールはアーユルヴェーダというインドの医術を取り入れて開発された精力剤の一種であり、扱いとしては医薬品では無くてサプリメントの一種という事になります。 日本では一般販売されているわけでは無いので、個人輸入で手に入れる必要があります。 ペニソールは13種類の天然のハーブを用いていて、服用を続ける事によってペニスの増大や精力増強、早漏防止などの男性にとってはうれしい効果が期待できます。 また、ED治療薬とは異なって天然のハーブを用いているという事からも、医薬品だと気をつけなければならない副作用などの心配もほとんど無くて済みます。 サプリメントについては特に年齢制限が設けられているものでは無く、アメリカでは赤ちゃんの頃からサプリメントを飲む事も珍しくはないという話もありますので、ペニソールも基本的には年齢制限はないものと考えて良いです。 ただ、ペニソールは目的が大人になった男性のためのものであるという事、天然ハーブも副作用の心配は少ないとはいっても全く影響が無いとは限らないという事を考慮すると、あまり小さな子供の内から服用するのは避けておいた方が良いです。 それでも子供に対してどうしても服用させたいというのであれば、独断で服用させるのではなくて事前に医師に相談をしてみた方が安心です。 一方、高齢者の方でもまだまだ精力的であり続けたいという方もいますが、そういう人であれば一般的な男性と同じように服用しても問題は無いと考えられます。 ペニソールは副作用の心配が無いと言われてはいますが、年齢に関係なく万が一身体に異常を感じた場合は服用するのを直ちに中止して医師に診てもらうようにすべきであるという事は一般的なサプリメントと同じです。
  • 満足のいく大きさになったらペニソールはやめる

    ペニソールはペニスを太く大きくし、精力を高め、さらには早漏を改善する効果もあると言われている精力剤です。 男性であれば男としての自信にもつながるので誰もが自分のペニスをもっと大きくしたいなどと考えるものですが、そんな人の手助けをしてくれるのがペニソールです。 ペニソールはED治療薬のように化学的に合成された成分を利用しているのではなく、13種類の天然ハーブを配合した精力剤である事から副作用の心配がほとんど無いという点も魅力となっています。 ペニソールを入手したいという場合は日本では市販のサプリメントとして販売されているわけでは無いので、海外で販売されているサプリメントを個人輸入する必要があります。 個人輸入というと色々と大変なのではないかという心配をする人もいますが、輸入に関する手続きは個人輸入代行業者に頼めば心配はないです。 そうした個人輸入代行業者への依頼は、業者が運営している通販サイトを利用するだけで出来るようになっています。 ペニソールはサプリメントなのでいきなりサイズアップが実感できるという事は無いですが、続けて服用する事で少しずつサイズアップする事が期待できます。 ただ、納得できる大きさまでなった場合はペニソールを服用するのはやめておくのが良いです。 比較的副作用が少ないのがペニソールのメリットではありますが、ハーブも長期的に摂取を続けていたら何かしらの影響が出る可能性は十分にあります。 これはペニソールの注意点というよりもサプリメントを服用する際の注意点となりますが、どんな成分であろうとも過剰に摂取するのは身体への悪影響が出てしまう可能性があります。 極端に言えば普段我々が口にしている水でもそれは当てはまる事であり、その許容量は成分によっても異なりますが満足できたならば過剰摂取をしないように服用は止めた方が良いです。