ペニソールと遺伝的体質、プライドの関係

ペニソール とはED、早漏、ペニス増大に効果的な医薬品です。
勃起及び射精は、複雑なメカニズムの元に成り立っています。ペニスは血管が集中している器官であり、ここに大量の血液が集中することで勃起します。風船と同じようなものだと理解すれば、イメージしやすいでしょう。血流は、脳からの命令によってコントロールされます。性的な興奮を得ると、まず脳から勃起するように命令が下り、次に射精の準備をするために大量のホルモンが分泌されます。興奮、刺激は蓄積されていくにつれ、睾丸から尿道にかけて精液が徐々にせり上がっていきます。そして刺激が限界に達したとき、射精の命令が下り、精液が排出されます。
これらは脳の中で行なわれながら、意識的にコントロールすることはできません。一度完全に射精が始まってしまったら、意志の力でコントロールすることが難しいことからも、それは実感できると思います。
このように勃起と射精は複雑なシステムなのですが、どこか一箇所に異常があっても正常に機能しなくなってしまうデリケートなものでもあります。ですので解決は困難になりがちです。そこで、医薬品による勃起の補助が効果的となります。薬なら、原因が心理的なものであっても、身体的なものであっても、同様の高い効果が得られます。さらに即効性もあるので、悩みをすぐに解決することができるためです。
こうした医薬品に頼ることをプライドが邪魔してしまう人も少なくありません。ですが、人には遺伝から成り立つ個性があり、身体構造は同じようでみな違います。ペニスの血管が細く上手く勃起できない人、性的な刺激に敏感な人、プレッシャーに弱い人、これらはその人たちが悪いのではなく、少し苦手な部分があるだけのことです。
補助として、医学の発明を利用することは恥ずかしいことではありません。それよりも、悩みを解決して明るい毎日を手に入れた方が有意義ではないでしょうか。